メンズ脱毛の施術を受けるとやっぱり痛い?主な脱毛方法と痛みについて

メンズ 永久脱毛 痛み

メンズ脱毛を行いたくても一番気になるのは痛みについてではないでしょうか?
結論から申し上げると痛くない脱毛はありません。
脱毛方法によって差はありますが、どの脱毛方法でも痛みは生じます。
しかし痛みを軽減させる事は可能です。

 

どの脱毛方法も痛みはある

 

フラッシュ脱毛は痛くなくて、レーザー脱毛は痛いという話をよく聞きますが、フラッシュ脱毛も痛みはあります。
サロンで行うフラッシュ脱毛は、熱を加えますので痛いというよりは熱いといったような痛みです。
ただ脱毛器に冷却装置がついていたり、はじめにジェルで冷やすので、痛みは軽減する事ができます。
また同じサロンで行われるニードル脱毛は、静電気や電気のピリッとした痛みが一瞬します。
しかしニードル脱毛は脱毛技術士の腕が良いと痛さがマシだという声もあります。
そしてクリニックで行うレーザーは痛みも強いのが特徴です。
しかし耐えられない人には麻酔クリームがあるので、痛みを軽減させる事が可能です。
このようにそれぞれの脱毛方法に痛みはありますが、軽減する事は可能ですから痛い時はスタッフに伝えるのもポイントです。

 

肌が黒い人や毛が濃い人は痛みが増す

 

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛はメラニン色素に反応して脱毛させます。
ですから肌が黒い人や毛が濃い人は、反応が強くなるため、痛みも強くなります。
また毛が密集している所はその部分が黒いので、どうしても痛みを感じてしまいます。

 

痛みを軽減させるためにできる事は?

 

先ほど述べましたが肌が黒いと痛みも増すため、脱毛を考えるなら日焼けはしないほうが良いでしょう。
日焼けは肌の水分を奪い、肌が乾燥してしまいますし、それにより肌のバリア機能が失われます。
そこに毛母細胞を弱らせるほどのパワーのある脱毛器を使用すると、脱毛効果が弱まるだけでなく痛みも増し、乾燥を悪化させてしまいます。
また照射によって肌の中で炎症が起きる事もあるので、痛みを軽減させる意味だけでなく乾燥の事も考えて日焼けはタブーです。

 

メディオスターが導入されているサロンを選ぶ

 

色々な事を施してもやはり痛みには弱いという人もいます。
最近のメンズエステでは従来の毛母細胞を直接破壊させる脱毛器ではなく、発毛因子に働きかけるメディオスターという脱毛器が開発されています。
それによって痛みを大分改善させる事が可能になったので、導入しているサロンを選ぶのも良いでしょう。
また発毛因子に働きかけるメディオスターは肌へのダメージも少ないのが特徴ですから最近ではよく選ばれています。

 

 

⇒痛みの少ない、メンズ永久脱毛サロン、クリニック特集