敏感肌の男でもヒゲ脱毛ができる?不安な場合はクリニック系を

メンズ 永久脱毛 敏感肌

「皮膚が弱く、ヒゲそりのためにカミソリや電気シェーバーを使うだけでも冷や冷や」という人もいるでしょう。

 

そういった人こそは、ぜひ脱毛を検討してみましょう。

 

「カミソリだけでもダメなのに、皮膚に負担のかかる脱毛なんて、とてもじゃないが無理」と考えるかもしれません。

 

ですが、何回かの施術さえ、クリアしてしまえばいいのです。その後はヒゲそりの必要がありません。むしろ、問題を完全に解決する近道です。

 

脱毛が皮膚の負担になるのは確かです。ですから、脱毛方法は慎重に選びましょう。

 

3つある脱毛方法のうち、この場合のおすすめは脱毛サロンで広く採用されているフラッシュ脱毛(光脱毛、IPL脱毛)です。

 

照射する光が、レーザー脱毛よりもソフトです。

 

「その分やや脱毛効果が落ちる」というデメリットはあります。ですが、やはりトラブルを出ないようにするのが最優先でしょう。

 

また、フラッシュ脱毛は、照射する光の強さを調整できます。

 

「施術の回数がその分増える」というのと引き換えになりますが、「弱めにする」ということも検討してみましょう。

 

「どこまで可能か」といったことは、自分一人で考えていても仕方のないところです。

 

まずは、カウンセリングです。そこで、肌質・体質などもチェックしてもらい、「施術が可能か」「照射量を調整したら、何回ぐらいの施術になるか」「回数が増えた分の料金はどうなるか」といったことを相談します。

 

また、同じフラッシュ脱毛の中でも、使う機器にはいくつもの種類があります。その前後の手順にも工夫を凝らしているところもあります。

 

たとえば、「皮膚保護用のクリームを塗ってから照射する」というところと、そうでないところがあります。

 

塗らないからといって、皮膚へのダメージが大きい方法とも限りません。もともと、皮膚へ負担が少ない機器を使っているかもしれないのです。

 

このように、脱毛サロンごとに違いがありますので、カウンセリングに手を抜かず、いくつか回って、最も納得のいくところを選ぶようにしましょう。

 

また、考え方次第では、医療機関でのレーザー脱毛も、検討の価値がないわけではありません。

 

確かに、フラッシュ脱毛に比べ、レーザー脱毛のほうが痛みが強く、皮膚への負担も大きめです。

 

ですが、こちらも照射の強度を調整できます。

 

また、「そこは病院である」というメリットも見逃せません。

 

脱毛機器を扱うのは、医師本人か、医師の監督・指示を受けた看護師です。

 

万が一トラブルが出ても、すぐに異常に気がつくでしょう。医師・看護師・設備・医薬品がそろっていますから、その場で治療にも移れます。

 

こちらもカウンセリングに行って、その話の内容から判断するようにしましょう。

 

また、数は少ないですが、医療機関の中には、フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の両方を用意しているところもあります。

 

この場合、「皮膚の診察・チェックをして、専門家の判断で脱毛方法を選んでもらう」ということも可能です。

 

 

⇒敏感肌でもOKの、メンズ永久脱毛サロン、クリニック特集