日焼け好きの人がヒゲ脱毛できないのはなぜ?

脱毛方法は、一般的な順に、「フラッシュ脱毛」「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の3種類あります。

 

日焼けしている人は、このうちの「フラッシュ脱毛」「レーザー脱毛」を受けることができません。

 

これらの脱毛の仕組みから、どうしても仕方のないことなのです。

 

光脱毛の場合、光源にはキセノンランプやクリプトンランプを使います。

 

これで作られる光は太陽光線に近いものです。つまりいろいろな波長のものが混じっています。

 

それをフィルターを通します。

 

こうやって、皮膚の表面はすり抜け、毛根や毛母細胞が受け止めやすい波長の光だけを皮膚に当てます。

 

こういったことが可能なのは、皮膚の表面の色は浅く、毛根などはそこに含まれているメラニンのせいで黒色や茶色になっているからです。

 

毛根などで遮られた光線のエネルギーはそこで熱に変わり、毛根などにダメージを与えます。

 

こうやって発毛機能もなくしてしまうのです。

 

もし日焼けしていたらどうでしょうか。

 

「日焼けしている」というのは、「表皮が黒くなっている」ということです。

 

照射された光は、すり抜けることができません。毛根などをダメージを与えるだけの高温にできないだけではなく、下手をすると、表皮が高温になって、ヤケドをしてしまいます。

 

これはもともと色が黒い人も同じです。また、同じ理由から、ほくろ、あざがある部分も脱毛はできません。

 

レーザー脱毛の場合も、光を照射し、表面をすり抜けさせるのは同じです。使う光線がレーザー光線というぐらいが、フラッシュ脱毛との違いです。

 

「日焼けしているけれど、それでも脱毛したい」という場合は、残る脱毛方法の「ニードル脱毛」を選ぶことになります。

 

ニードル脱毛は、毛穴のサイズに合わせた極細の金属針を毛穴ひとつずつに手作業で当てていく方法です。

 

金属針の先端で熱が発生するようになっていて、これで毛根などにダメージを与えます。

 

ただし、「痛みが強い」「料金が高くなる」といったデメリットも目立ちます。

 

「フラッシュ脱毛」「レーザー脱毛」に押されて、かなり数が少なくなっています。

 

ヒゲ脱毛の場合は、比較的採用しているところも残っているのですが、それでも「体毛の脱毛の場合に比べて」という程度です。

 

選べるお店がかなり少なくなるのは、承知しておきましょう。