口周りを綺麗にできるヒゲの毛抜き処理…やってはいけない危険な理由!

ヒゲを処理するのに、一本一本抜いている人もいるでしょう。

 

そのために「毛抜き」や「ピンセット」などとして専用の商品もあるぐらいですから、決して珍しくないことのようです。

 

このメリットとしては、「根元からなくなるので、ヒゲが再生するのに時間がかかる」「皮膚の下から透けて見える『青ヒゲ』の対策にもなる」などでしょう。

 

また、普段はカミソリや電気シェーバーを使っていても、出かけた後でそり残しを見つけ、つめなどでつまんで抜いてしまった人は少なくないはずです。

 

決しておすすめできない方法です。

 

考えられるトラブルとして、「毛包炎」「埋没毛」などが考えられます。

 

毛根を抜いた跡は傷になっています。規模が小さいので気が付かないだけです。

 

ここから雑菌やウイルスが入り込み、炎症を起こします。これが「毛包炎」です。

 

注意深く見ると、その毛穴一つ一つが赤くはれ上がっていませんか?

 

ひどくなると化のうし、皮膚科に駆け込む必要があることまであります。

 

また、皮膚のコンディションを悪くします。雑菌やウイルスだけではなく、空気中の有害物質、暑い・寒いの刺激、物が当たった衝撃などがダイレクトに皮膚の中にまで届いてしまいます。

 

また、皮膚の中にある水分はこの傷口を通して出て行きます。「乾燥肌」ということですね。

 

乾燥肌がお肌のコンディションを悪くするのは女性に限った話ではないのです。

 

また、皮膚がこの毛穴の傷を治そうとして、その結果、起こるトラブルが「埋没毛」です。

 

この傷の部分にはやがてかさぶたができます。毛穴の口もふさがれてしまい、再生したムダ毛・ヒゲが出口を失ってしまいます。

 

毛穴の中でそのまま、塊となって成長します。外に出ていないので、今度は抜くことも困難です。

 

これもまた、炎症などの原因になります。

 

こうやって、皮膚にトラブルを抱えると、少しの刺激でもダメージを受けるようになります。

 

「抜くのはやめて、カミソリにしよう」と思っても、以前は大丈夫だったカミソリだって、今度は受け付けないかもしれません。

 

また、「抜いてもいないのに、抜いたのと同じようなトラブルを抱えている」という人は、カミソリの使い方や、電気シェーバーのコンディションなどをチェックしましょう。

 

そり方を間違っていたり、刃が傷んでいたり、もともと安物のカミソリや電気シェーバーを使うと、ヒゲが引っかかって、抜いてしまっている場合があります。