メンズ専用のヒゲ脱毛を利用するなら、定額制はどんな人に便利なの?

メンズ 永久脱毛 定額制

脱毛の困ったことのひとつに、「施術が何回必要か、事前には正確にはわからない」というのがあります。ヒゲに限ったことではなく、ほかの体毛でも同じなのです。

 

脱毛サロンや医療機関(美容外科、美容皮膚科、美容クリニック)のホームページなどをチェックすると、よく「あご・8回・3 万円」「口の周り・6回・5万円」などと料金の案内が出ています。

 

こういった料金設定を「コース制」といいます。

 

これらの回数は、あくまで「最低でも」「体質・毛質が最も脱毛に合っていれば」ということです。

 

この当初設定の回数の1.5倍や2倍かかることは珍しくありませんし、決して体質・毛質が変わっているわけではありません。

 

この場合、もちろん、追加の施術が必要になります。その際は、もう一度同じ契約を結んだり、追加の回数分を契約することになります。

 

ちょっとわずらわしいですよね。

 

そういったことから、ほかの料金システムも登場しています。「定額制」が代表的なものでしょう。

 

ただし、「定額制」と呼ばれているものには、全く違う料金システムが含まれています。

 

ひとつは、「しっかりと脱毛の効果が出るまで、何回かかろうと、同じ料金」というものです。

 

このメリットとしては、もちろん、「トータルでいくらかかるか」がはっきりとわかっていることです。何しろ、追加料金はかかりませんから。

 

中には、「30か月」というように期限を区切って、「その中ならば何回でも」というようなところもあります。これは少し要注意です。

 

もうひとつは、「月額定額制」です。

 

「月に2回の施術が確保されていて、月々1万円」といった形が多いです。

 

このメリットとしては、「いっぺんにお金を用意しなくていい」「途中で中断期間ができても、特に手続きは不要」などがあります。

 

ただし、ヒゲ脱毛でこの月額定額制が採用されていることはまずはありません。主に全身脱毛が対象です。

 

というのは、脱毛施術は、それぞれの部位ごとに考えると、体毛の場合は2か月か3か月、それより短いヒゲの場合でも1か月程度間隔を空ける必要があります。

 

全身脱毛の場合だけ、いくつかの部位を組にして、うまく回すことで、「月2回」が可能になります。

 

脱毛する部位の数が少ないと、毎月も通わないのです。

 

また、さらには「都度払い」という料金システムもあります。

 

「1回行ったら、その回の分の金額だけを支払う」というものです。

 

月払いの場合と同じようなメリットがあります。

 

この都度払いの場合、まだ少数ですが、ヒゲ脱毛でも採用しているところがあります。

 

つまり、ヒゲ脱毛の場合、「コース制」「(回数無制限の)定額制」「都度払い制」の3つの選択肢があることになります。

 

最近は、ひとつのお店の中でも、複数の料金制度が設けられていることが珍しくありません。

 

コース制が最も不便なように見えますが、その分料金が安く設定されていることも多いです。

 

このように、ちょっと見ただけでは、「どれが一番安いか」はわかりません。

 

もし、料金の安さでお店や料金制度を選ぶのならば、「最後まで通ったら、結局いくらかかるのか」をしっかりとシミュレーションする必要があります。

 

 

 

⇒定額制も見つかる、メンズ永久脱毛サロン、クリニック特集