メンズのVIO脱毛、おすすめはここ!陰部脱毛で失敗しない5つのポイント

 

実は男性が毛を気にする場所や脱毛したい部位について、とあるクリニックでのアンケートを実施した所、ヒゲに次いでVIOラインが2位という結果になっています。
VIOラインの脱毛は女性のものというイメージがありますが、男性でもめずらしくない事が分かりますね。
男性は特に毛が剛毛で多量の人が多いため、夏場など蒸れやすい季節では不快感を持つ人もいます。
臭いや清潔感を意識するという面では、女性と変わらない意見だと言えます。
男性のVIOラインとはギャランドゥや陰毛全体、睾丸の周りの毛やお尻に生える毛の事です。

 

 

陰部(VIO3か所)の料金比較

 

料金 回数 備考 1回あたり
メンズリゼ 98800円 5回 デリケートゾーンセット 19760円
湘南美容外科 60750円 6回 10125円
リンクス 168000円 8回 21000円

 

VIO脱毛できるところは

RINX (光脱毛)

⇒リンクス陰部脱毛 55%OFFはこちら

 

 

メンズリゼ (レーザー脱毛)
 デリケートゾーンセット 98800円(5回)

⇒メンズリゼ 詳細はこちら

 

 

湘南美容外科クリニック (レーザー脱毛)

⇒湘南美容外科 詳細はこちら

 

 

ゴリラクリニック

マタツルコース
マタツル・尻スベコース
⇒ゴリラクリニック 詳細はこちら

 

 

 

.

1.男性がVIO脱毛することのメリット

VIO脱毛は少し前ならば、女性でも施術を受ける人は多くはありませんでした。陰部は皮膚の質が弱いので、エステサロンやクリニックでも積極的にはコース設定をしなかったのです。しかし、施術方法が進歩して、女性の間では一気に一般的になりました。

 

少し遅れて男性の間でも興味を持つ人が増えています。陰部のムダ毛を脱毛することにはたくさんのメリットがあるのです。

 

・「薄着をする」「プールや海に行って、水泳パンツ姿になる」「彼女が泊まりに来る」といったときにあわてて処理をしなくて済む。

 

・陰部は直接見ることが難しく、手も届かせにくい。カミソリや電気シェーバーでは傷にしてしまうことも多いが、脱毛を済ませていれば、もうカミソリなどを当てる必要はない。

 

・ムダ毛がなくなったり薄くなることで、汗がたまったり汚物がつくことも少なくなる。陰部はもともと嫌なにおいが発生しがちだけども、それが少なくなる。

 

おすすめの理由は、ざっと思いつくだけでもこれだけあります。

 

2.男性の場合のVIO脱毛の範囲

 

VIO脱毛の「VIO」には3つの部位が合わさっています。

 

まず、「Vライン」です。股間の前の部分を指します。男性の場合ならば、「陰毛」と考えればいいでしょう。「Oライン」は肛門の周りです。両方とももちろん、その範囲がアルファベットの形に似ているところから来ています。

 

「Iライン」は女性ならば、性器に沿った範囲を考えればいいでしょう。この言葉がそのまま使われていますが、男性の場合は、睾丸の裏からOラインの手前までです。

 

ただし、エステサロンやクリニックによって脱毛の対象とする範囲は微妙に異なります。面倒でもカウンセリングなどの際に、必ず図などでどの範囲なのかを確かめたほうがいいでしょう。

 

3.脱毛方法の種類

 

ほかの部位の脱毛でも同じなのですが、脱毛方法には3種類あります。Oラインなどは皮膚が弱いので、「どの脱毛方法を選ぶか」はほかの部位よりもいっそう慎重になる必要があります。

 

3-1.光脱毛

 

写真用のストロボにも使われているキセノンランプ、あるいは白熱灯の一種であるクリプトンランプで発生させた光のエネルギーで、毛根や毛母細胞にダメージを与えます。

 

3種類ある中では、もっとも皮膚へのダメージが少ないだけではなく、光照射の量を調整できます。施術回数が多くなり、期間も伸びると引き換えですが、照射量を減らして痛みをさらに弱めることもできます。料金も安いです。ただし、可能性は少ないものの、将来ムダ毛が再発生する可能性を残しています。3種類ある中では最も一般的な脱毛方法になっていて、エステサロンのほとんどが採用しています。VIO脱毛の場合も、まずはこの光脱毛を基準に考えればいいでしょう。

 

3-2.レーザー脱毛

 

光のエネルギーを利用することは、光脱毛と同じです。ただし、使う光は医療用に開発されたレーザー機器で発生させます。正確に必要は波長だけを作ることができ、また、狙った場所にも無駄なく照射することができます。こちらも光照射の量を調整でき、弱くした場合に施術回数が増えることなども同じです。

 

施術は美容皮膚科、美容外科、美容クリニックといった医療機関でしか受けることができません。また、料金は高めで、痛みも強めです。ただし、二度とムダ毛が再生しない永久脱毛になります。

 

3-3.ニードル脱毛

 

先端が高熱になる極細の金属棒を毛穴ひとつずつに当てていく方法です。一部のエステサロンと美容系医療機関で採用されています。

 

痛みが強く料金も高くなるので、VIO脱毛で使われることはほとんどありません。しかし、「白髪があって、ほかの脱毛方法では効果が出せなかった」「脱毛処理のし残しがあって、一部のムダ毛だけ脱毛する必要がある」といった場合に、補助的に使われることがあります。

 

4.脱毛前に決めておくこと

 

4-1.光脱毛かレーザー脱毛か

 

まずは、光脱毛にするかレーザー脱毛にするかを決めなければいけません。先に挙げたように一長一短です。幸いエステサロンも美容系医療機関もカウンセリングまでは無料です。納得がいく説明が受けられるまで、数軒回るようにしましょう。

 

4-2.脱毛の範囲・デザイン

 

特にVラインの場合、「衛生のためを考えると、全部スッキリとなくす」という人もいれば、「全部なくしてしまうと、子どもみたいでおかしい」という人もいるでしょう。

 

脱毛といっても完全になくすばかりではありません。「効果が完全にできる前に施術を止めて、全体的に薄くする」「残す範囲を決めて、自分の気に入ったデザインの陰毛を残す」といったことも可能です。どのようにしたいかを自分でしっかりと決めて、担当者に伝える必要があります。

 

レーザー脱毛の場合は完全に、光脱毛の場合でもかなりのところ、「その範囲までなくすつもりはなかった」といっても後からはどうしようもありません。

 

男性がvioや陰部の永久脱毛をメンズサロンで行う時に知っておくべきこと

 

男性がVIO脱毛をすると得な事

 

男性のVIO脱毛はメリットが沢山あるとの声が聞かれます。
まずは何と言っても清潔感でしょう。
トイレに行った時にウォシュレットがないと高い確率で毛に汚れが付きます。
またそれによって臭いも気になりますし、毛がゴワゴワしていると汗で雑菌が繁殖しやすくなります。
続いて女の子に喜ばれます。
毛がもじゃもじゃしている人はあまり女子ウケが良くありません。
毛がない事で性器がはっきりと見え大きく見えるようになるメリットもあります。
また下着や水着からはみ出る毛が無いため清潔感がある見た目になります。

 

VIO脱毛をして逆にデメリットはある?

 

VIO脱毛自体がデメリットになる事はそれほど無いでしょう。
デメリットというよりは恥ずかしい部分の脱毛ですから、施術の際に見られるのが恥ずかしかったり、Vラインを全てハイジニーナにすると温泉等でジロッと見られるかもしれません。
しかし自分が納得していればそれで良い訳ですから、そこまでのデメリットとは言えないでしょう。

 

VIO脱毛をするには何処が良いか

 

メンズ脱毛をするには男性専用のエステサロンの他にもクリニックがあります。
かなり毛が硬く剛毛の人であればクリニックを選ぶ方が良い場合もあるでしょう。

 

しかしクリニックではひげの脱毛は行っていてもVIO脱毛に関しては取り扱いが無い所も多いです。
それゆえ何処でもできる訳ではないので、場所が限られてくる可能性もあります。

 

そういった面で考えればメンズエステサロンや脱毛サロンの方が良いかもしれません。
自分にあった通いやすいサロンを見つけましょう。

 

関連記事
男性のけつ毛や陰部の永久脱毛を行う人がいる?実際の手順や注意点

 

メンズの陰部脱毛で女性スタッフが対応するの?良い点と注意点

 

 

≫≫VIO脱毛もできる、メンズ永久脱毛サロン・クリニック