髭脱毛の毛嚢炎って怖い?!白ニキビができても安心できる必見情報

 

髭に限らず、脱毛には皮膚への負担はあります。本来あるはずの発毛機能を止めるのですから、仕方のないところです。事前に最も多くの人が気にするのは痛みでしょう。

 

実際に施術を受けると、肌の荒れもあります。その代表は毛嚢炎(もうのうえん)です。決して深刻なものではありませんので、よく理解しておいて、実際になったときにも慌てないようにしましょう。

 

目次

 

毛嚢炎とは?

 

原因

 

毛嚢炎を引き起こすのは細菌で、その最も一般的なのは黄色ブドウ球菌です。

 

食中毒の細菌として知られていますが、常在菌といって普段から皮膚の表面にいます。皮膚が健康で、抵抗力もしっかりしていれば特に問題にはなりません。しかし、脱毛施術によるダメージがあると、急に増殖を始めることがあるのです。

 

ニキビとの違い

 

ムダ毛の根本を中心に、白く盛り上がり、その中に膿が入っています。また、その周囲は赤く腫れるようなことがあります。まれに深いところまで化膿することもありますが、脱毛施術によるものならば、ダメージはごく浅い部分までのことが多いようです。

 

一見ニキビにも似ています。ニキビの場合は、角栓や膿が芯のように毛穴の中に収まっていますが、毛嚢炎の場合はありません。これで見分けがつくでしょう。また、ニキビを引き起こすのはアクネ菌(ニキビ菌)なので原因菌も違います。

 

医療レーザーだけ?

 

毛嚢炎を引き起こすきっかけは様々です。比較的多いのは、毛抜きやカミソリなどによる皮膚の傷です。目に見えるほどのものではなくても、毛根ごとと引き抜いたり、刃で角質層を削ってしまう程度でも可能性はあります。かと思うと、下着が皮膚が汚れていることでも引き金になります。

 

脱毛の場合、光脱毛(IPL脱毛、フラッシュ脱毛)よりも医療レーザー脱毛の場合に起こりやすいです。光脱毛の場合はもう毛根や毛母細胞の温度は70度前後までにしかなりませんが、医療レーザー脱毛の場合200度前後にまで上がります。温度が高い分、脱毛効果も高いのですが、負担も大きいわけです。

 

対策

 

毛嚢炎になりにくいレーザー脱毛機器

 

特に毛嚢炎対策が考えられたレーザー脱毛機器というのはありません。もし気になるのならば、ごく一般的に、「お肌への負担が少ない機種」を選べばいいでしょう。

 

チェックポイントのひとつは冷却方法です。以前は冷却用のジェルを塗る方法が一般的でした。しかし、最新のレーザー脱毛機器には冷却ガスを吹き付けるものも登場しています。これならば、毛根や毛母細胞などの必要な部分だけを高温にし、それ以外の部分へのダメージを減らすことができます。

 

また、皮膚を吸引し、密着状態にしてレーザー照射するものもあります。レーザーの照射量を減らしても同じ毛の効果が発揮されます。その分、ダメージも少ないです。

 

見落としてはいけないのが、「肌質・体質にあった機種を選ぶ」という点です。主に使用するレーザー光の波長の違いによるものですが、黒めの肌に適したもの・毛根が深くても効果を発揮するものなどがあります。仮に適していないものを使うと、その分脱毛効果を発揮しにくくなり、レーザー光の出力を上げる必要も出てきます。

 

ただ、自分ではどれが適しているかの判断は難しいです。いくつか脱毛クリニックや美容皮膚科を回って、最も納得の行く説明をしてくれるところを選ぶようにしましょう。

 

クリニックの保証、対応

 

「光脱毛のほうが皮膚への負担が少ないのならば、そちらを選ぼうか」と考える人もいるかもしれません。

 

しかし、医療レーザー脱毛をやっているのが、脱毛クリニックや美容皮膚科といった医療機関であることを忘れてはいけません。医師や看護師もいれば、医療機器や医薬品もそろっています。何かトラブルがあっても、その場で治療を始めることができます。

 

しかも、メンズリゼのように、しっかりと最初から「診察料・お薬代・追加照射料 完全無料保証」を打ち出しているようなところまであります。

 

ここまで含めて、「エステの光脱毛と医療機関のレーザー脱毛のどちらのほうが安心か」を考えたほうがいいでしょう。

 

ステロイド

 

皮膚の赤みを抑える薬として、真っ先にステロイド入りの軟膏を思い浮かべる人もいるかもしれません。しかし、毛嚢炎の場合は、原則的には使わないほうがいいでしょう。あるいは使うとしても、医師に相談してからにしましょう。

 

確かに炎症を抑える効果はあります。とはいえ、毛嚢炎のような細菌性の疾病には適していません。それどころか、ステロイド自体が原因となって毛嚢炎を引き起こすことまであります。

 

オロナイン軟膏

 

もし、市販薬を選ぶとしたら、抗生物質入りのものです。手元になかったり、薬局に行っても迷うようならば、オロナインH軟膏あたりでもいいでしょう。

 

抗炎症作用など毛嚢炎に直接働きかけるような効果はありません。しかし、強力な殺菌作用があります。毛嚢炎の悪化を防ぐには、衛生的にすることが大事なので、この面で役に立ってくれます。

 

入浴を避ける、冷やす

 

脱毛による毛嚢炎の予防には、施術期間中の対応も大事です。特に背術を受けたその日は、皮膚に負担をかけるようなことはやめておきましょう。具体的には、直射日光に当たったり、皮膚がこすれるような服を着るのはやめておいたほうがいいでしょう。

 

施術から帰ってきてのおふろにも要注意です。湯船につかることはやめて、せいぜいがぬるめのシャワー程度で済ませましょう。

 

もし、実際に毛嚢炎ができてしまったら、今度はおふろは積極的に利用しましょう。もちろん、皮膚に負担をかけないようにしながらですが、汗などの汚れはこまめに落とすようにします。下着もいつも以上に着替えるようにします。とにもかくにも衛生が大事なのです。

 

髭脱毛でよく起きるトラブル

 

医療レーザー脱毛でも光脱毛でも、光のエネルギーを熱に変え、毛母細胞のたんぱく質を変質させます。「焼く」といってもいいでしょう。

 

そのため、全くダメージがないというわけにはいきません。いくらかは赤く腫れるのは仕方のないところです。ただ、この赤みは数日すれば引くはずです。

 

ダメージを小さくし早く抜け出すには、施術を受けた直後はもちろんのこと、普段からも保湿ケアは十分にしておきましょう。男性でも必要なのです。具体的には、化粧水を施します。男性用のものも出ていますし、家族が使っている女性用のものでもいいでしょう。

 

火傷

 

ヒゲ脱毛で火傷することもあります。といっても、施術の最中にわかるほどひどいものになることはまずは考えらません。数時間立って、水ぶくれができる感じです。

 

脱毛クリニックの医療レーザー脱毛であっても、エステサロンの光脱毛であっても、まずは院やお店に連絡を取りましょう。クリニックであれば、すぐに来院してそこで治療を受けるように支持が出ることが多いでしょう。エステサロンの場合は、そこが提携している病院があればそこでの診察を指示されるかもしれません。

 

もちろん、急を要するようならば、皮膚科に直行です。ただ、その場合でも連絡は取って、相手の対応を確認しておいたほうがいいでしょう。今後交渉事になる可能性もありますので、火傷部分の写真も残しておきましょう。

 

硬毛化・多毛化

 

可能性は少ないものの、脱毛施術を受けた結果、効果が出ないどころか逆に髭の本数が増えたり濃くなることもあります。光照射が刺激になって、発毛機能が盛んになってしまうのです。もともとは髭が薄めの人がなりがちなようです。

 

「硬毛化保証」などとして、追加の施術を無料でやってくれるような院やお店もあります。ただし、それでいいかどうかは判断に迷うところです。施術回数を増やしたところで脱毛効果を発揮し始めるとは限らないからです。十分に担当者と相談するようにしましょう。

 

まとめ

 

髭に限らず脱毛にはトラブルが発生する可能性があります。恐れる必要もありませんが、一通りは頭に入れておいたほうがいいでしょう。

 

この情報は、「光脱毛がいいか医療レーザー脱毛がいいか」「トラブルの少ない院やお店を選ぶには」と検討するときの判断材料になります。また、実際にトラブルに遭った時に、「軽いものか深刻なものか」「対策はどうするのか」も見通せるようになり、慌てることもなくなるはずです。

髭脱毛の毛嚢炎って怖い?!白ニキビができても安心できる必見情報関連ページ

髭を薄くするにはどうしたらいい?毛周期に合わせたと脱毛の仕組み
髭脱毛のためのクリーム、失敗しない選び方
髭脱毛の値段はどれくらい?安いおすすめはここ!ローン、月額制もOK
髭の永久脱毛の気になる費用をまとめました。格安で脱毛できる光脱毛のサロン、レーザー脱毛の病院やキャンペーン情報がここでわかります。一括払い、分割、定額制の注意点。
髭脱毛って効果ある?回数、期間はどれくらいで永久脱毛できる?
髭脱毛で大失敗?!後悔してる人から学ぶ8つの心得
永久脱毛を成功させるためにメンズ必見。髭の脱毛で後悔しがちなポイントを知って、賢く脱毛しましょう。
髭脱毛が痛いは古い!痛みを激減させてレーザーでつるつるにするテク
髭の脱毛で永久的に生えなくするための通う回数・期間はどれくらい?
髭の光脱毛のメリットは?エステサロンのメンズ脱毛は安さが魅力
髭脱毛が痛い場合は麻酔してもらえる?
髭のデザイン脱毛の注意点!こだわり満点で楽しむ方法
髭が濃いとモミアゲやアゴが青くなってしまう…それはなぜ?
口周りを綺麗にできるヒゲの毛抜き処理…やってはいけない危険な理由!
敏感肌の男でもヒゲ脱毛ができる?不安な場合はクリニック系を
日焼け好きの人が髭脱毛できないのはなぜ?
一般的な髭脱毛の申し込みか ら脱毛完了までの流れについて
髭の毛穴が汚くて気になる?!美肌男子が知っておくべき毛穴ケア方法