メンズ脱毛、髭のレーザー脱毛おすすめはここ!人気の医療脱毛クリニック

 

目次

 

 

メンズ脱毛ランキング

 

メンズ永久脱毛レーザー1位メンズリゼ レーザー脱毛 全国に18院

メンズリゼ

 

メンズ脱毛専門の医療レーザー

メンズリゼ 内容

 

コース名 ヒゲ3部位セット
料金 58800円(税込み)
回数 5回
部位 鼻下、アゴ、アゴ下

 

新宿/渋谷/横浜/大阪梅田/心斎橋/神戸三宮/名古屋栄/仙台/広島/福岡天神/札幌/四日市/京都

 

メンズ永久脱毛レーザー2位湘南美容外科クリニック レーザー脱毛

ひげ永久脱毛

 

男性専用のお得なひげ脱毛コースがあります。
永久脱毛するなら医療レーザー脱毛が効果が最も高いです。約38件の実績があります!費用が高い病院での脱毛が格安にデキるという点で人気が高いのが湘南美容外科クリニックです。男性専用のレーザー院が一部あるところも。脱毛の効果が高いので、短期間でひげ脱毛をするならオススメです。一般に病院での脱毛は男性向けが少ないので非常に貴重なクリニックです。
最新のレーザー脱毛器「メディオスター」を採用。医療クリニックでは全国に57院があり、通いやすさでもねらい目です。
特に人気高いひげ脱毛は痛みが強いというのが一番の難点でしたが、痛みを和らげる最新の技術を採用し、効果もそのままという評価の高いレーザーです。

 

項目名 ヒゲ脱毛コース
料金 29800円(税込み)
回数 6回
部位 3部位(上口ヒゲ、アゴ、アゴ下)

 

湘南美容外科 公式

 

 

メンズ永久脱毛レーザー3位ゴリラクリニック

ゴリラクリニック

 

話題の最新マシン、メディオスターNext PROを採用しています。これは、従来の毛乳頭ではなく発毛の源、バルジ領域へ熱を加えることで、痛みが少なく、日焼け肌でも脱毛できるのが強みです。また、ゴリラクリニックでは、麻酔を3種類使い分けて、痛みのない施術を考えてくれます。

 

人気のヒゲ脱毛6回コース(鼻下、アゴ、アゴ下)、これはかなり便利なコースです。髭脱毛は意外と期間がかかります。2か月に1回のペースで照射していくので数年かかるのは普通です。6回レーザーを受けた後、さらに3年間は1回100円だけで追加で脱毛できます!個人差が大きいのが髭の脱毛なので、このプラス3年というのは大きいですね。このくらいの期間は必要な男性が多いと思うのでおすすめです。
全国に7院とクリニックの数は少ないのですが、通えるならねらい目です。

 

コース名 ヒゲ3部位 6回コース
料金 74,304円(税込み)〜
回数 6回+3年フォロー
部位 鼻下、アゴ、アゴ下

 

ゴリラクリニック 公式

新宿 池袋 上野 横浜 名古屋栄 大阪梅田 新潟

 

 

中央クリニック 全国17院 レーザー脱毛

メンズ脱毛

人気の髭脱毛が1000円でお試しできるレーザークリニックです。全国に17院あるのでどのエリアでも通いやすいです。
土日祝日診療しているので忙しい男性にも通いやすく、ねらい目です。料金面も明瞭会計で余分な費用が掛からないので、初めての脱毛する男性にも安心。

 

メディオスター
エリート
アレキサンドライト
ダイオードレーザー
ロングパルスYAG

 

など扱うレーザーの種類も多く、他のクリニックよりも効率よく自分に合った脱毛ができると高評価です。
ヒゲ脱毛(鼻下、全体)VIO脱毛が格安でできるので、ねらい目です。

 

 

レーザーで髭脱毛する男子が増えています


脱毛といえば、エステサロン・脱毛サロンでやっている光脱毛をまず検討するかもしれません。料金が安い・痛みが少ないというメリットはありますが、「永久脱毛にはならない」という欠点があります。数年後には髭が再生する可能性があるのです。

これでは中途半端です。「せっかくお金を出し、時間も使ったのだから、一生効果を持続させたい」というのならば、美容系医療機関(美容外科、美容皮膚科、美容クリニック)で採用されているレーザー脱毛を受けるようにしましょう。

理由1:効果が高い

光脱毛ではキセノンランプやクリプトンランプを使い、太陽光線に近い光を発生させます。いろいろな波長が混じっていますので、フィルターを通すことで、皮膚の表面はすり抜けメラニン色素だけが受け止める波長のものだけを使います。「無駄がある」ということです。

一方、レーザー脱毛では医療用に開発されたレーザー機器で光を発生させます。最初から必要な波長のものだけを作ります。また、拡散しませんので狙ったところに正確に照射することができます。また、パワーそのものも光脱毛よりも大きいです。

こういった仕組みの違いから、レーザー脱毛の方がしっかりとした脱毛効果を発揮することができます。

理由2:エステより早く終わる

ボディーのムダ毛であっても顔の髭であっても、光脱毛レーザー・脱毛とも、1カ月から3カ月に1回ぐらいの頻度で通うことになります。ボディーのムダ毛よりも顔の髭のときの方が間隔は短めです。

ムダ毛・髭は休止期・成長期・退行期の順番で一生を繰り返しています。順に「生えていないとき」「伸び続けているとき」「生えていいるが成長が止まっているとき」です。脱毛施術の効果があるのは成長期のものだけです。どの毛穴にあるムダ毛・髭もまんべんなく脱毛効果を与えるには、この程度の間隔がベストなのです。

必要な回数が多く、しかも効果の出方に個人差のある光脱毛ならば2年かそれ以上かかります。施術回数が少なくて済むレーザー脱毛ならば1年程度です。しかも、あまり個人差もありません。

理由3:医師がいるので安全


光脱毛がエステサロン・脱毛サロンで一気に広がった理由のひとつが、「光脱毛の機器はだれでも操作できる」です。特別な免許は不要です。社内での研修を済ませた程度でお客の前に出ることが一般的です。

一方、レーザー脱毛は医師本人か、医師が監督している状態の看護師しか操作できません。脱毛用の医療機器はもともと医療用に開発されたものです。ですから、レーザー脱毛も美容系医療機関でしか受けることはできません。

もちろんのこと医師・看護師はいますし、設備や医薬品もしっかりとそろっています。エステサロン・脱毛サロンとは違い、ヤケドなどのトラブルが会ったときにはすぐにその場で治療に取り掛かることができます。

レーザーで髭脱毛すると回数はどれくらい?


髭脱毛が完了して、全く生えてこずツルツルにするための回数は少ないところでは5回、多いところでは15回といったところです。

同じくレーザー脱毛といっても、使っている機器にはいくつか種類があり、それぞれ1回で発揮できる効果が違うせいもあります。もうひとつ、レーザーの照射量の調整の違いもあります。顔の中でも特にダメージを受けやすい部位には、照射量を減らすところもあるのです。この場合、もちろんのこと回数が増えます。

また、「ツルツルにするのではなく、髭が薄くなる程度でいい」という場合には、あえて完了までの回数は施術せず、途中でやめてしまうときもあります。この場合は、その薄さの程度に応じて、回数は少なめで済みます。

髭の脱毛で永久的に生えなくするための通う回数・期間はどれくらい?

注意1:髭脱毛は効果が出にくい

ボディーのムダ毛に比べて、顔の髭は必要な施術回数が多めになります。特に口ひげのような密集している部分です。これはやはり、皮膚へのダメージを考えて、レーザー少量を減らすためです。

また、レーザー機器の一部の機種は薄めの髭・ムダ毛を苦手にしています。毛根や毛母細胞もその分小さく、レーザー光のエネルギーを受け止めにくいのです。ただ、そういったところ減っていますので、カウンセリングでしっかりと説明を受けて、「ここでいいかどうか」を判断すればいいでしょう。

注意2:1回では終わらない



仮に完了までの回数が10回程度の場合、次のような経過をたどります。

1回目

照射してから10日前後で、髭が抜け始めます。ただ、減る本数は2割前後といったところなので、髭の濃さということではほとんど変化を感じないでしょう。

3回目
ここでしっかりと、「ムダ毛が薄くなった」と実感できるでしょう。ただし、残っている本数もそこそこあります。「もう生えてこない」というまでにはなりません。

5回目
「全く生えてこさせないのではなく、薄くするだけでいい」というのならば、このあたりで十分です。

それ以降
残りの回数は、「完ぺきを目指して」といった感じです。ただし、まれに全く効果がないどころか、「以前よりも濃くなった」といったことが起こります。「硬毛化」といいます。これは要注意です。そのままレーザー脱毛での施術を続けるかどうかを判断しなければいけません。担当医師と十分に相談しましょう。

どれくらいの期間がかかる?


レーザー機器での髭脱毛にかかる期間は、「必要な回数」×「通う間隔」で出ます。

先に申し上げたように、必要な回数は使う機種や照射量をどのくらいにするかで変わります。「薄くなる程度でいい」というのならば、その回数は減ります。通う間隔はボディーならば2カ月に1回か3カ月に1回が一般的ですが、髭の場合は1カ月か1カ月半程度のことが多いです。髭は休止期・成長期・退行期のサイクルが短めなのが影響しています。

平均はどのくらいとはいいにくいのですが、「10回×1カ月で、期間としては1年弱」ならば珍しくないパターンでしょう。

痛いって本当?


「レーザー脱毛の痛みは、光脱毛よりも強い」というのは一般的な評価です。よく「皮膚の上で輪ゴムをぱちんと弾いた程度」といった説明もされます。ただ、痛みの感じ方には個人差があり、「決して輪ゴム程度ではなかった」との声も少なくありません。また、どのくらい脱毛の必要性を感じ、覚悟をしているかでも感じ方は変わってくるでしょう。

もし、実際に施術を受けてみて、「想像していた以上の痛さだった」といったときでも実は対策はあります。

痛みを少なくするには?


麻酔や笑気ガスを使う

対策で最も一般的なのは麻酔です。レーザー脱毛をやるのは美容系医療機関なので、使うことができ、また用意もされています。

麻酔の種類としては、笑気ガスか麻酔クリーム(局所麻酔)が一般的です。笑気ガスは眠らせるというよりも、酔っ払ったような感覚にして痛みを感じなくさせます。麻酔クリームならば、脱毛するところに塗るだけで済みます。

これらはオプション扱いになっていて、別料金がかかります。必要になりそうな人は、予算をそこまで見ておいたほうがいいでしょう。

メンズリゼ 麻酔代 3240円
湘南美容外科 笑気ガス 2000円
ゴリラクリニック
笑気ガス※ 3,000円/30分
高濃度表面 麻酔クリーム 3,000円/10g
局所麻酔注射 範囲によりご相談

痛みの少ないレーザー機器を選ぶ
メディオスターNeXT PRO
従来のレーザー脱毛器と違うアプローチで、痛みを感じさせない機器。毛乳頭やもうぼ細胞を破壊するこれまでの方法と違い、バルジ領域へ作用して脱毛します。肌表面にあるバルジ領域は、ムダ毛を成長させる役目があります。この表面部分へ働きかけるので、肌の奥の黒い色素に反応させるよりも確実性が増します。
さらにメディオスターNeXT PROは、従来の脱毛アプローチもできるのでダブルの効果で脱毛をしてくれます。
※湘南美容外科 リゼクリニック ゴリラクリニック採用

ソプラノアイスプラチナム

蓄熱脱毛R方式(SHRモード)という新しい方式で脱毛ができます。毛包部分(バルジ領域)へ働きかけるので痛みはほとんどありません。3つの波長(3つの深さ)へ熱パワーを与えることができるので、メディオスターNeXT PRO(2種類だけ)よりも進化した機器です。
聖心美容外科 採用
ひげ3部位 5回 76000円(税抜き)

レーザー機器の中でも皮膚への負担が大きいものとそうでないものがあります。痛みに弱い人は、お肌への負担が少ない機種を採用している美容系医療機関を選ぶようにしましょう。

また、肌質・毛質と機種の相性もあります。一例を挙げると、地黒・日焼けなど皮膚が黒いせいで、レーザー光を皮膚の表面で受け止めてしまい、それで痛みが発生しているような場合があります。これなら、波長が長めのレーザーを使っている機種を選ぶことで、痛みを減らすことができます。

また、どんな機種でもレーザー光の照射量を調整することができます。施術回数が増えてしまうのと引き換えですが、照射量を減らせば痛みも少なくなります。

参考 : 医療脱毛で使うレーザー機器の違い

人気クリニックの採用レーザー機器

湘南美容外科 アレキサンドライト/メディオスターNeXT PRO
メンズリゼ メディオスターNeXT PRO/ライトシェア・デュエット/ジェントルヤグ
ゴリラ メディオスターNeXT PRO
アイエスクリニック メディオスターNeXT PRO

メディオスターNeXT PROが主流

メディオスターNeXT PROを採用しているクリニックが多いですね。クリニックも見つけやすいし、料金も比較しやすいです。なので、まずはメディオスターを第一候補にするといいでしょう。

レーザーは大きく3種類
様々な機種があり、それぞれ特徴を持っています。もし、「おおまかに特徴をとらえたい」というのであれば、発生させるレーザー光の波長に注目すればいいでしょう。

1)アレキサンドライトレーザー(755nm)
3つのうちでは最も短い波長です。産毛はあまり得意ではなく、また日焼けなどで皮膚の表面が黒くなった人はトラブルを起こしがちです。ただし、一般的な日本人の肌の色にはもっとも合っていて、強力な脱毛効果を発揮します。

開発されている機種の数も多いです。

2)ダイオードレーザー (810nm)
もっとも毛質・肌質を問わず広く使える波長です。産毛にも効果を発揮します。

代表的な機種には「メディオスターNeXT PRO」「ライトシェアデュエット」があります。

3)ヤグレーザー(1064nm)
最も長い波長です。「皮膚の奥底まで届かせることができる」ということです。この波長の機種だけを用意している美容系医療機関はまずありません。肌の色が黒かったり、ムダ毛・髭の毛根が皮膚の深いところにあり、アレキサンドライトレーザーなどでは脱毛は無理と判断された時に使われます。

代表的な機種は「ジェントルヤグ」です。

おすすめの髭脱毛クリニック

安さ重視なら湘南美容外科

ひげ永久脱毛

医療系美容期間では異例ともいえる56もの院を全国に展開しています。

ひとつずつの院ではないのですが、アレキサンドライトの機種「ジェントル・レーズ」、ダイオードレーザーの機種「メディオスターNeXT PRO」、さらには医療用にに開発された特殊な光脱毛の機種などが採用されています。周辺のいくつかの院をまとめて考えると、自分に合った機種が見つかります。

髭脱毛の場合、「ヒゲ3部位(上口ヒゲ・アゴ・アゴ下)」の料金設定コースがおすすめです。税込みで1回9,800円、3回19,800円、6回29,800円となっています。

丁寧な髭脱毛ならメンズリゼ

メンズリゼ


首都圏と関西を中心に18院を展開しています。

「ライトシェア・デュエット」「メディオスターNeXT」「ジェントルヤグ」といったそれぞれ特徴の異なる機種を用意しているのが最大の特徴です。利用者の肌質・毛質に合わせて使い分けています。

また、院の名前からもわかるように男性専門です。濃くて太い男性のヒゲ・ムダ毛脱毛の経験を十分に積んでいて、どこに施術のポイントがあるかを十分に承知しています。

鼻下・あご・あご下の’「ヒゲ3部位脱毛セット」ならば、5回の施術で税込み59,800円、それにほおともみあげを加えた「ヒゲ全体脱毛セット」も同様に99,800円と、業界最安値レベルです。

病院(美容系医療機関)で髭脱毛した人の口コミ



営業マンです。いくらそってもそっても、アゴのあたりは青い色が出たまんまでした。深ゾリが利くとういカミソリをいくつか試しましたが、全く同じ。そのうちアゴの皮膚がガサガサになってきました。
3回ぐらい通ったところから、青い色も薄くなったような気がします。10回も通ったので今は全く問題なしです。
(S・Aさん 32歳)

レーザー脱毛は痛いとは知っていたけど、「そんな根性なしではないので、大丈夫」とメンズクリニックへ。やっぱり痛かったです。途中からは麻酔クリームを使ってもらいました。料金はバイト代から出していたので、麻酔代は正直きつかった。でも、やっぱり必要でしょうね。
(S・Tさん 21歳)

光脱毛とどっちにするか迷いました。でも、「光脱毛はしばらくすると、また髭が生えてくることも多い」と聞いたので、思い切ってレーザー脱毛にしました。 3軒カウンセリングに行きました。説明は十分に詳しいけれど、よそとの比較は難しいですね。自分でも調べておかないと、口車に乗せられそう。

結果は満足です。朝の出勤前の時間に余裕が出るようになりました。
(U・Sさん 28歳)

「痛みが少ない」というところにしたのですが、やっぱり痛かったです。普通のところならば、どのくらい痛いのかはわかりません。

でも、これも最初のうちだけ。2回3回と受けているうちに慣れました。1カ月半に1回通わなくては行けないのは、ちょっと面倒くさかったです。でもやってよかったとは思っています。
(W・Yさん 23歳)

髭が濃いのがコンプレックスでした。「女性は、髭が濃かったり、青ひげだと不潔に見ている」と知ってからがひどいです。

今はスッキリした気分です。ただ、「髭がある方がかっこいい」ってなったときはどうするかって、ちょっと気になっています。「もう二度と生えない」というのも、ちょっと寂しい感じもあります。
(K・Tさん 24歳)

まとめ

医療脱毛をしてみたいけど、いろいろと不安もありますよね。髭脱毛をする男性は本当に数が増えました。
男が脱毛することも全然恥ずかしいことではなくなっています。
少しの勇気だけで、納得のすべすべ肌になって、自信のある自分になりましょう!